NEWS

期間限定特別メニューvol.1【抒情的三寒四温のベール】

 

こんにちは。食べられるミュージアム「風土はfoodから」の料理人まるちゃんです。

 

現在、2Fのギャラリーにて特別企画展「SHIGEKIMARUYAMA × mas/mas 〜HIKARI〜」という展示が行われています。【写真×音×枡×食×酒】という異色のコラボレーション企画で、多くのお客様からご好評いただいております。

 

お時間ございましたら、ぜひ会場に足を運んでこの世界観を覗いてみてください。
(展示期間:2/4(月)-2/15(金))

 

 

 

1・2階が連動した期間限定メニュー

この展示会と連動する形で1Fでは「期間限定メニュー」を提供しています。今回はスイーツも含め3品ご用意いたしました。

 

展示されている「写真」や「mas/mas」からインスピレーションを受け、僕なりの表現方法として味や香り、食感や盛り付け、音や温度にこだわるだけでなく、なぜこのメニューが産まれたのかを文章にしました。

 

読み物としても楽しんでいただけたら良いなぁと思い、こうしてホームページにも残しておこうと思った次第です。

 

1品目は「抒情的三寒四温のベール」というメニューです。

「???」という感じのメニュー名ではありますが、想いの乗った一皿となりました。食べてみて、読んでみて、それぞれの情景を思い浮かべてもらえれば幸いです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

叙情的三寒四温のベール

2月。それは「冬の残り香」と「春の足音」を両方楽しむことができる贅沢な季節といえるだろう。縦に長い日本において、東京という街では様々な食材を調達できてしまうため、いつも季節の変わり目ではメニュー作りに悩む。

 

このメニューは【SHIGEKIMARUYAMA × mas/mas 〜HIKARI〜‪】という展示とのコラボレーションメニューだ。ミュージシャンであり写真家である丸山茂樹の作品にインスピレーションを受けながらmas/masというアクリル製の枡の新しい可能性を探してみた。

 

 

2階に展示されている写真のひとつに、雲海からのぞくお城の写真がある。僕はこの写真を見て、1年前に旅をしていた高知県の山奥の風景を思い出していた。ニワトリの鳴き声で朝早く目覚めると眼下には雲海が広がっている。陽が高くなるにつれその霞はどこかへ消えてしまう。

 

一転して澄み切った山々からは大地を通じて水が海まで繋がっていることを感じさせてくれた。海の幸、山の幸は肥沃な土壌から産まれていて、我々人間は豊かな生命のおすそ分けを頂いているのだと思い知らされたのだ。

 

 

今回の展示テーマは「光」。朝霧が晴れ渡った先に見える海の幸と山の幸を、mas/masに閉じ込めた薫りと共に楽しんでほしい。アスパラや菜の花などの、季節の野菜は、そら豆と煎り酒でこしらえたソースで。

 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、とはよく聞くが、年々それを実感するようになった。丁寧な日々を送りたいと願いつつもバタバタと春の準備を整える。そして新しい季節にワクワクする、そんな足音が聞こえるような一皿になっていれば嬉しい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「風土はfoodから」のメニューには、こうした文章が添えられています。(時にはイラストや書も…!)

スタッフそれぞれの持つスキルや感性をフルに使いながら、「食べる」という行為をより立体的に描いていきたいと思っています。できたメニューはこうしてWebからでも楽しめるようにしたい。今後は映像なんかも作ってみたい。

 

「食」というキーワードを用いて「地方と都心」「生産者と購入者」「お店とお客さん」という様々な壁をゆるやかに溶かしていきながら、それぞれが自由に「play」する。そんな空間でありたいと考えています。

 

 

 

【2Fミュージアム特別展 2/4(月)〜2/15(金)】SHIGEKIMARUYAMA × mas/mas 〜HIKARI〜

2Fミュージアムにて特別企画展
「SHIGEKIMARUYAMA × mas/mas 〜HIKARI〜」(展示期間:2/4(月)-2/15(金))
が開催されます。

 

全国を旅する丸山茂樹さんの多彩な音楽と光が美しい写真が見事に溶け合った世界観、
アクリルの専門家・株式会社友成工芸さんが手がけた透明感と紋様が美しいアクリル升・mas/mas 、そして風土はfoodからの特別メニュー「本日の食べられmas/飲めmas」のトリプルコラボが楽しめる濃厚な9日間となります。

 

 

最終日15日の夜には風土はfoodから初のミュージックライブイベントが開催されます。

皆様のご来場、お待ちしています。

 

<日時>
2019年2月4日(月)~2月15日(金)
OPEN 11:30〜22:00 (2/9,10,11は店休日)

 

<クロージングイベント・ミュージックライブ>

2019年2月15日(金)
OPEN18:30 START19:30

参加料金:5,000円(1ドリンク&風土はfoodから特別メニュー付き)

※定員数がございます。必ずご予約くださいませ。
ご予約フォームはこちら。
http://form1.fc2.com/form/?id=726311

<お問い合わせ>
NISORO事務局
nisoro@sora-web.jp

 

<プロフィール>

■mas/mas■
透明感が美しいアクリルで作った枡。
シンプルで、日本の伝統柄をまとった枡は、お酒を楽しみ、料理を盛りつけ、小物入れとしても使えます。
ますます繁盛、ますます充実、そしてますます幸せに、
mas/mas(マスマス)で乾杯すれば、ますます楽しくなります。

公式web site:http://www.masmas-jp.com
協力:友成工芸

 

■SHIGEKIMARUYAMA■
ミュージシャン、写真家、「そらまつり」プロデューサー。
アコースティックギター、三線、トンコリ、インディアンフルートなど様々な楽器と声で、日本全国・世界各地へ旅をし、出会いを大切に、旅で出会った風景や人を音にし、人・自然・思いをつなげる演奏を各地で展開。
「音楽が生まれる風景を切り抜く」をテーマに、音楽活動の旅と共に、風景写真を撮影し続けている。

公式web site:http://www.maruyamashigeki.com

【11/27(火)開催】新展示「食べられるブンカイサン展」 オープニングトーク&パーティー

風土はfoodから

 

風土はfoodからの新常設展がいよいよはじまります。

その名も、

 

「食べられるブンカイサン展」
〜世界のおばあちゃんを”分解”+”産”〜

 

神田錦町で長年愛されてきた酒屋の建物を受け継ぎ生まれた「錦町ブンカイサン」と「風土はfoodから」の話。
私たちが世界各地のおばあちゃん達に学び、これから産み出していこうとしている「食べられるブンカイサン」についてまで。
一挙初公開していく新規の常設展示です。

 

・なぜここでおばあちゃん料理に焦点を当てているのか
・ブンカイサン=”分解”+”産”とはどういうことなのか
・なぜ食べられるミュージアムなのか
・そもそも錦町ブンカイサンとはどういった建物なのか・・・etc.

 

さらに、11月よりスタートした新メニュー=秋冬コレクションもディナータイムに絶賛ご提供中です。
地域それぞれの苦境や苦労を「美味しい」に昇華した、おばあちゃんたちの最高にロックでキュートな生き様。
その中に確かにある、目の前の誰かを幸せにしたいというあったかい「願い」を、食卓に届けていきたいと思っています。
振り切り気味な新メニュー達をどうぞご賞味ください。

 

この度、新展示会のオープンを記念したトークイベント&パーティーを開催します!
秋風が通り抜け、より一層肌寒くなってきました。ばあちゃん達も冬支度はじめるこの季節、世界各地のおばあちゃんの知恵と文化がこもった手料理をご一緒に楽しみませんか?

 

●日 時:2018/11/27(火)19:00〜21:30

 

・19:00〜20:00
「風土はfoodから運営チームによるトークセッション」
料理監修:中村優(台所研究家)
編集:渕上周平(食べられる編集者)
運営:丑田俊輔(ハバタク株式会社 代表)

 

・20:00〜21:30
「風土はfoodから秋冬コレクションを味わうパーティー」

 

●場 所:風土はfoodから
東京都千代田区神田錦町3-15 錦町ブンカイサン1F・2F

 

●料 金:3,000円
(当店シェフ石丸敬将による新作秋冬メニューとワンドリンク付き)

 

●申 込:
「fudofood@habataku.co.jp へメール送付」

または、「Facebookイベントページでの参加ボタン押下」

にて、事前にお申込をお願いいたします。